« モバイルDSDヘッドフォンアンプ iFI nano iDSD その1 | トップページ | 密閉型ヘッドフォン SENNHEISER MOMENTUM »

2014/11/14

モバイルDSDヘッドフォンアンプ iFI nano iDSD その2

Imgp0053 前回はiPhone・iPadでハイレゾ音源再生を行いましたが、Android端末でも楽に出来るようになりました。というのも、ONKYO 『HF Player』のAndroid版がベータ版ではありますが公開されたからです。
それまでは『USB Audio Recorder PRO』で再生出来ましたが、使い勝手が悪く途中でフリーズしたりもしました。

Imgp0054 また、新しくリリースされたSONY XPERIA Z3は最初からハイレゾ対応(96kHz/24bitまでPCM変換)で、DSDはリニアPCM変換により2.8MHzまで外付けDAC無しでも再生可能(外付けUSB-DACへは従来通り192kHz/24bitまでの出力)ですが、ヘッドフォンのインピーダンスによっては鳴らし切れるかは微妙です。

AndroidではAOA 2.0(Android Open Accessory Protocol 2.0 )に対応しているものであれば、On-the-Goケーブルと呼ばれるホストアダプターを使用することで、外付けDACが使用可能です。
私はpocketgamesのホストアダプターを購入しました。

XPERIAの難点は、このUSBのカバーですね。防水仕様が仇となってます。充電はマグネットタイプのコネクターなので問題無いんですけどね。
ともかく、『HF Player』のおかげで楽に聴くことが出来るのは良いですね。




|

« モバイルDSDヘッドフォンアンプ iFI nano iDSD その1 | トップページ | 密閉型ヘッドフォン SENNHEISER MOMENTUM »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モバイルDSDヘッドフォンアンプ iFI nano iDSD その2:

« モバイルDSDヘッドフォンアンプ iFI nano iDSD その1 | トップページ | 密閉型ヘッドフォン SENNHEISER MOMENTUM »