2018/01/10

玉木優&コリン・ウィリアムズ氏デュオ・リサイタルを終えて

トロンボーンのリサイタルに訪れたのは、去年3月の南西ドイツ放送交響楽団首席トロンボーン奏者である清水真弓さんが一時期加入していた『スローカー・トロンボーン四重奏団ジャパンツアー2017』以来なので約10ヶ月ぶりでした。

玉木優さんは南デンマークフィルハーモニー管弦楽団の副首席トロンボーン奏者。彼を知ったのは、私がC.G.CONN 88Hの音色が好きで、そのビンテージ楽器であるElkhart工場生産品のトロンボーンを吹いていた元ウィーンフィル首席奏者のイアン・バウスフィールド氏に師事していたという事を知ってからです。
玉木さんの実演奏は聴く機会が無く(前回のソロリサイタルは行けなかった)、彼がSlide Japanのメンバーでもあるので唯一の音源としてはこのSlide JapanのCD音源のみ。海外オケ所属の日本人奏者の演奏が聴ける機会はあまり無いので、このCDを聴きながら期待半分不安半分でした。

デュオとして参加のニューヨークフィル副主席トロンボーン奏者のコリン・ウィリアムズ氏。首席奏者のジョセフ・アレッシ氏はトロンボーン吹きなら知らない人はいないであろう神様といわれる方。コリンさんはアレッシ氏の弟子でもあります。生演奏は聴いた事は無いですが、CD音源やDVD等では何度も聴取させて頂いているのでかなり期待していました。

続きを読む "玉木優&コリン・ウィリアムズ氏デュオ・リサイタルを終えて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/19

クリスチャン・リンドベルイ氏 トロンボーンリサイタル

Img_4681 先日、スウェーデン出身の多分世界で唯一のフルタイムのソロ・トロンボーンアーティスト、クリスチャン・リンドベルイ(Christian Lindberg)氏のリサイタルに行ってきました。
前回、氏のリサイタル(コンサート)に行ったのは2007年の京都コンサートホールだったでしょうか。
あの時はノルディック室内管弦楽団とともに指揮者も兼任していました。あの頃から氏も指揮者と作曲家としての活動も平行していたので、吹き振りと指揮だけで演奏しない楽曲もありました。

今回のプログラムは、第1部ではプロアルテムジケで募集していた演奏して欲しいアンケートから選んだソロ楽曲。第2部では一昨年にリリースされていた『TANGOPHORIA』のトリオでの演奏。バンドネオンというアコーディオンに似た楽器は初めて知りました。
僚友のペンティネン氏とバンドネオンのルンドベリ氏はもちろん素晴しかったのですが、リンドベルイ氏の相変らずのダイナミクスレンジと表現力にはただただ脱帽。やはりリンドベルイ氏は生粋のエンタテイナーです。

続きを読む "クリスチャン・リンドベルイ氏 トロンボーンリサイタル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/25

トロンボーンアンサンブル『The Bone Society』のアルバム『Bonelab』

ベルギーのトロンボーンアンサンブル『The Bone Society』の自主制作アルバム『Bonelab』を聴いてみました。

アンサンブルメンバーの師事していた方々という事もあるでしょうが、バウスフィールド、アレッシ、シュルツ等、ゲスト・ソリストのメンツが豪華。
そして、なかなか面白いのはソリストの使用楽器が皆違うという所。

聴いてみた感じだと、

イアン・バウスフィールド : Getzen 4147IB
マッシモ・ラ・ローサ : Bach A47MLR
シュテファン・シュルツ : THROJA 2 Thayer ? (or  Courtois AC550 Based Berliner model)
ジョセフ・アレッシ : Edwards T396-A
イェーレン・メンテンス : Courtois 420BHR II + Greenhoe ?

続きを読む "トロンボーンアンサンブル『The Bone Society』のアルバム『Bonelab』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/27

個人練習

1335509031814.jpg

島村楽器でスタジオ会員になると、当日限定でリハーサル室が空いていれば、最大二名までで個人練習が可能。
朝のうちであれば空いていると思い予約。案の定予約なしでした。

気兼ねなく大音量でトロンボーン吹けるのは気持ちがいいですなぁ。こんなに吹けたのは十年ぶりぐらいかな?
おかげでアンブシュアのチェックと、マウスパイプとマウスピースの相性がよーくわかった

続きを読む "個人練習"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/15

YAMAHA Tenor Trombone YSL-895EN

C.G.CONN 88H

最近JAZZばかり聴いている気がする。というのもインターネットのお陰か、ありとあらゆる種類の音楽が入ってきて、自分の中で飽和状態になっていることも原因かもしれない。ストレスもあるかなぁ。
最近またトロンボーンを吹き始めたのも、自分の原点に帰るというほどのことじゃないけど、リフレッシュするのもいいかなと。また、せっかく買った自前の C.G.CONN 88H をそのままにしておくのも勿体無いし。

学生の頃から吹いてたのが、ラージボアいわゆる太管のトロンボーンなので、就職してから買った 88Hは慣れている筈なのだが、いかんせんブランクが長すぎてアンブシュアが安定しない。
それに、今の仕事だと予定が立たないので、練習もままならず楽団に入るのも気が引ける。

続きを読む "YAMAHA Tenor Trombone YSL-895EN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

マウスピース選び

Mp のだめカンタービレの影響もありますが、最近トロンボーンの練習にいそしんでます。とは言ってもかなりのブランク(大阪に転勤になってからだから四年ぐらい)があるので、アンブッシュア(口の形)を安定させることを目的に、今までの変な癖を取り除きながら、ひたすら音階&リップスラーの練習です。とても唇の筋肉がなまっていることに驚いています(^_^;A アセアセ

続きを読む "マウスピース選び"

| | コメント (0)