« EXIGA CROSSOVER 7に電装品を付ける その2 | トップページ | Happy New Year 2018! »

2017/11/19

DUNLOP WINTER MAXX 01 205/60R16

Img_6180_1 4代目レガシィ辺りから16インチのタイヤサイズが統一されて、私の乗っていた3代目レガシィTS-Rの同じ16インチでもサイズが205/50R16(外径611mm)から205/55R16(外径632mm)になってしまった。これだと車検が通らず使えない。ましてやスタッドレスは195/60R15だったので、16インチディスクブレーキのクロスオーバー7は履く事も出来ない。。。

エクシーガは登場当時から205/60R16(外径652mm)で、クロスオーバー7に至ってはの215/50R17と17インチ車のみに。

17インチで低扁平率のスタッドレスはめっちゃ高くなるし、保管してある16インチホイールももったいないので、インチダウンしてタイヤの持ちも良いといわれているダンロップのWINTER MAXX 01へ。(02はこのサイズがまだ無い)
値段が工賃込みで5万円だったので飛びつきです。

一応205/60R16の外径は652mmなので、オリジナルの215/50R17の外径646mmの6mm大きい。40km/hで速度差が1%ぐらいなので、車検でも問題無し。
何せBSのVRXと比べても値段が倍近く違うのですもの。これが17インチだったら3倍近くに。。。

ボディカラーがタングステンメタリックなので、ゴールドのTE07stiはちょっと浮いている感じがするのは我慢。
もともとの純正タイヤが215/50R17インセット48で、205/60R16のTE07stiは53なので、計算上はトレッド長が同じというのも良い。

2008年7月からオフセットという言い方が変わったそうで、プラスオフセットはインセット、−オフセットはアウトセット、ゼロはゼロオフセットと言うそうです。

|

« EXIGA CROSSOVER 7に電装品を付ける その2 | トップページ | Happy New Year 2018! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DUNLOP WINTER MAXX 01 205/60R16:

« EXIGA CROSSOVER 7に電装品を付ける その2 | トップページ | Happy New Year 2018! »