« 鉄道コレクション JR 207系 900番代 常磐緩行線 | トップページ | EXIGA CROSSOVER 7に電装品を付ける その1 »

2017/09/17

LEGACY Touring Wagon TS type R から EXIGA CROSSOVER 7 へ

Bh 2000年5月から乗り続けていた三代目LEGACY [BH B型]。5月末の車検前の見積もりで、フロントドライブアスクルのブーツ破損やリヤサスペンションのブッシュ割れなど、車検法定費用と合わせて70万円オーバーと軽だったら新車が買えるレベルの金額だったので、諦めて新車とスイッチする事にした。まぁ、タイヤも夏冬とも買い替えたばっかりだったからもったいないけど、17年も乗っていれば色々壊れるし諦めました。

新車にする上で色々要求事項はあったけど、SUBARUだとMTは既にBRZWRXだけのようで、ATで我慢せざるを得ない。Foresterも最後のMTがあったけど、親を乗せる事を考えると車高が高すぎで苦痛になるので却下。


Co7 サイズ的にはLEVORGが全幅を除きほぼ三代目LEGACY同サイズだが、全高が低くて乗り降りしずらそうなのと、オプションを入れた時の総額が400万円近くになりそうだったので却下。

Co7_1 Co7_n

そんなこんなで、以前札幌出張時にたまたま配車されたEXIGA CROSSOVER 7がなかなか良かったのでこちらをチョイス。基本設計は四代目の流れを汲んでいるので二世代前のプラットフォームだけど、年次改良を繰り返してほぼ完成の域に達している。
また、セカンドシートがスライド出来るので親がくつろいで乗れるのも良い点。

フロント・セカンドシートを後ろに倒してサードシートに座れば、トロンボーンも練習出来るだけのスペースも(笑)
実際、ワンボックスも考えたんだよね。でもスライド伸ばせるだけの余裕があるのはTOYOTA ALPHARDぐらいで、さすがに高いしでかいので却下した。

5月末にLEGACYの車検が切れる寸前でディーラーに渡してから納車まで実に二ヶ月掛かったけど、一ヶ月点検まではおとなしく殆どいじらず乗ってました。

|

« 鉄道コレクション JR 207系 900番代 常磐緩行線 | トップページ | EXIGA CROSSOVER 7に電装品を付ける その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEGACY Touring Wagon TS type R から EXIGA CROSSOVER 7 へ:

« 鉄道コレクション JR 207系 900番代 常磐緩行線 | トップページ | EXIGA CROSSOVER 7に電装品を付ける その1 »