« WRC トルコ 放映情報 | トップページ | Pioneer製センタースピーカー TS-CX7 »

2005/06/03

DOLBY DIGITAL CHECK DISC

PHONIC PAA2 を使って音響設定を行うには、付属の CD に入っている音声信号を使ってもいいのですが、レガシィにせっかく 5.1ch サラウンドを導入しているので、本格的なサラウンドのマネージメントを行いたいと思いました。

ドルビーデジタルチェックディスク エンコード デコード テクニック&プロフェッショナル サラウンド モニタリング アジャストメント
B0000DJWEH ドルビーデジタルチェックディ

ジェネオン エンタテインメント  2003-12-10
売り上げランキング : 30,718

おすすめ平均  star
starホームシアター使用者の方は必須ではないかな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そこで、設定・調整方法が載っている書籍などを探していたら、たまたま見かけたのが Geneon(ジェネオン エンタテイメント) から販売されていた『ドルビー デジタル チェック ディスク』です。

Geneon は元々の社名を『パイオニアLDC』。経営的理由で社名変更・グループからの独立をした会社で、ホームシアターを手がけるパイオニアの関連会社だったということもあって、このチェックディスクはなかなか出来の良いものだと思います。
このディスクは、用語などの解説や必要機材の種類、調整の原理や方法までビデオ映像を見ながら分かりやすく説明されており、また調整に必要な様々な音声信号やテスト用の音楽・SE なども入っており、最終的にはビデオ解説を見なくてもこのディスクだけである程度のサラウンドのマネージメントが可能になります。

ただ、私の場合はあくまでもカーAVの 5.1ch サラウンド環境なので、座席やダッシュボードなどの障壁が多く、ホームシアターに比べるとスピーカーからの直接音だけではなく、車内の反射音を考慮して調整する必要がありました。
それでも基本的に必要な調整は同じですので、参考程度に使うだけでサラウンド環境は劇的に変わりました。これはステレオ音響の理想とされる前方定位にも応用が利くので、かなり便利なチェックディスクといえるでしょう。

|

« WRC トルコ 放映情報 | トップページ | Pioneer製センタースピーカー TS-CX7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DOLBY DIGITAL CHECK DISC:

« WRC トルコ 放映情報 | トップページ | Pioneer製センタースピーカー TS-CX7 »